映画 『こぎつねヘレン』

映画 NO.27 『こぎつねヘレン』

 カメラマンの母親の仕事の都合で北海道にいる獣医のもとに預けられた小学生の太一。彼はある日、母親からはぐれた子ぎつねを発見。子ぎつねにシンパシーを感じて拾ってしまった太一だが、実は子ぎつねは目も耳も鼻も不自由だった。そこで太一はヘレンと名づけて親代わりに育て始めるのだが。といった小学生向けに作られた作品。
 やや美しく作りすぎている感じはするが、命の大切さや、子供の素直さなどが伝わってくる。また子ぎつねの表情が愛らしく見ていて和んでしまう。お子様にどうぞ。
[PR]
by jokerish2 | 2006-04-09 18:19 | 映画
<< 歴史 『燃えよ剣(上)』  映画 『私の頭の中の消しゴム』 >>