歴史 『危機と克服(上)』

歴史 No.43 『危機と克服(上)』 塩野 七生 著

 失政を重ねローマ帝国に混乱をもたらした最後のユリウス・クラウディウス朝の皇帝ネロがその人生に終止符を打った翌年、ローマ帝国にはガルバ、オトー、ヴィテリウスという三人の皇帝が現れては消えていった。彼ら三皇帝は統治力のなさ故、短期間で破滅し、ローマ帝国の内戦を引き起こしてしまう。

 さて、この三皇帝の統治を顧みると、著者も言うようにやるべきことをせずにやるべきでないことばかりを行っている。そう考えると、カリグラやネロの方がまだましだったのではないかと思わざるを得ない。どちらにせよ、この三皇帝に明らかに欠如していたのは人心掌握の策ではないかと思う。元老院やローマ市民、軍の心を掴まなければ政治などできたものではない。ローマ帝国での皇帝は承認されて初めて成立するのであるから当然と言えば当然であるが、当の三皇帝はこの感覚が欠如していたようである。これでは皇帝が勤まるはずもない。この絶望を救うのはいったい誰になるのか、次巻が楽しみである。
[PR]
by jokerish2 | 2006-08-09 22:38 | 本:歴史・ノンフィクション
<< エッセイ 『有閑階級の理論 ... 歴史 『悪名高き皇帝たち(四)』 >>