カテゴリ:新聞記事( 3 )

新聞 『こばのへりくつ ‐10月のBSE問題を茶化す‐ 』

 米産牛肉の輸入が再開されそうな今日この頃、10月の関連記事を眺めていると、強気な米国と弱気な日本が見えてきます。以下でasahi.comの記事を紹介して、それぞれにコメントしていこうと思います。

++ 記事1:米産牛肉の輸入再開 米政府・業界、歓迎の声明(10月5日)

 日本政府が早ければ年内にも米国産牛肉の輸入を再開する見通しとなったことについて、米政府と米業界団体は、歓迎すると同時に、早急に具体的手続きを進めるよう強く求めた。米国食肉協会(AMI)は期待感を示す一方、日米が輸入再開で基本合意してからすでに1年近く過ぎているため「実際に日本の食卓に載るまでは安心できない」と、今後の動きを注視する。

+コメント
 わたくしは「実際に日本の食卓に載ったら安心できない」、そんな気がします。

++ 記事2:官房長官が「歓迎」 米国産輸入牛肉再開(10月5日)

 細田官房長官は5日午前の記者会見で、米国産牛肉の輸入問題で食品安全委員会プリオン専門調査会が「(生後20カ月以下なら)食肉への汚染の可能性は非常に低い」としたことについて、「政府として歓迎している。できるだけ早期にこの問題は解決していきたい」と語った。再開時期については「あくまでプリオン調査会での科学的分析、決定を尊重していく。

+コメント
 恐いですものねBSE。いえいえ、もっと恐いのはアメリカ。肉の安全性より日米関係の方が問題ですよね、官房長官。

++ 記事3:対日制裁を米政府に要請 牛肉問題で上院議員ら(10月8日)

 米上院のロバーツ議員(共和党)は7日、日本の米国産牛肉の輸入再開が遅れていることに対して経済制裁を科すよう求める書簡を、20人の上院議員とともにポートマン米通商代表部(USTR)代表に送ったと発表した。書簡を送ったのはカンザスやコロラドなど畜産が盛んな州の選出議員ばかりで、「日本が不当な貿易障壁を維持するためにこの問題を使っているのは明らかだ」などとしている。

+コメント
 ロバーツ議員は地元で得票率極大化するためにこの問題を使っているのは明らかだ。

++ 記事4:英からの救援非常食「BSE心配」 米で1カ月以上放置(10月18日)

 米国南部に今年8月、大きな被害をもたらした大型ハリケーン「カトリーナ」の被災者救援のため、英政府が送った非常食33万食分が、たなざらしになっている。米国での流通が禁止されている英国産の牛肉が含まれていることが理由だ。米政府は、牛海綿状脳症(BSE)への心配から英国産の牛肉の流通を禁止しており、被災地でも例外を認めなかった形だ。

+コメント
 ロバート議員はこれをどのように見ているのでしょうか。もし「米国が不当な貿易障壁を維持するためにこの問題を使っているのは明らかだ」と言っていたら尊敬します。

++ 記事5:米国産牛肉輸入再開に「反対」67% 本社世論調査(10月25日)

 米国産牛肉の輸入が年内にも再開される可能性が高まるなか、輸入再開に反対の人が67%で、賛成は21%にとどまることが、朝日新聞社が22、23日に実施した全国世論調査で明らかになった。昨年10月の調査のほぼ同じ質問に対する「反対」(63%)を上回る。「国産牛と同等の安全性」を焦点に政府の食品安全委員会での審議が大詰めを迎えているが、消費者の不安はなお根強いといえそうだ。

+コメント
 たぶん、吉野家の前で調査をすれば賛成多数になると思われます。

++ 記事6:日本が牛肉輸入再開せねば報復関税 米上院で法案提出(10月27日)

 米上院の超党派の議員21人は26日、日本が今年末までに米国産牛肉の輸入を再開しなければ、日本製品に総額31.4億ドル(約3600億円)の報復関税を課すよう米政府に求める制裁法案を、議会に提出したと発表した。関税の額は、日本の輸入禁止で米国の肉牛業界が被った損害に相当するとしている。対象品目の選定は米財務省にゆだねる。

+コメント
 まさにペリー来航ならぬロバーツ来航です。

++ 記事7:米産牛の輸入解禁、広く意見募集 食品安全委(11月2日)

 『食品安全委員会は2日、米国・カナダ産の牛肉と、日本の牛肉の安全性について「科学的同等性の評価は困難」としながらも、輸入条件が守られれば、「リスクの差は非常に小さい」としたプリオン専門調査会の答申原案を了承した。29日まで、一般から意見を募集し、同委員会で政府への答申をまとめる。それを受けて政府は12月にも輸入再開に踏み切る見通しだ。』

+コメント
 食品安全委員会は一般からの意見で輸入反対多数だったら輸入再開は見送る答申をまとめ、政府は輸入再開を見送るのでしょうか。素晴しい世の中になったものです。

 弱気な日本と強気な米国、この構図はいつまでたっても変わらないのでしょうか。外交されている方々にはもう少し頑張ってほしいものです。
[PR]
by jokerish2 | 2005-11-03 13:41 | 新聞記事

新聞 『こばのへりくつ -夏休みの宿命-』

++ 前編 夏休み – have to & want to -

 皆様は夏休みを如何お過ごしになられたでしょうか。大学生の夏休みは長いもので2ヶ月程あるのは周知の通りでございます。そして、その時間の使い方は人それぞれ、勉強に精を出す人もいれば、旅に出る人もいる、はたまた何もせずにゴロゴロしている人もいると思います。「やりたいこと」を何でもできる、大学生にとって貴重な期間です。しかしながら一方で、期待膨らむ夏休みに漏れなく付いて来るのが様々な「やらねばならぬこと」であります。例えば、通年の授業を履修していればレポートがあるかもしれない、またゼミに入っていればその課題もあるでしょう。この厄介者たちを片付けてこそ心から夏休みを満喫できるというもの。言わば大学生の夏休みは「やらねばならぬこと」との戦いなのです。

 御多分に洩れず私も数多くの課題を抱えている身であります。ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学などゼミで出された課題は数知れず、さらには授業で課されたレポートと枚挙に遑がありません。そして、もちろん、旅や読書や蹴球などやりたいことも山ほどあります。約50日余りの夏休み、うまく遣り繰りして有意義な時間を過ごせるのか否か、私の手腕次第と言ったところでしょうか。


++ 後編 秋学期直前 –課題山積は大学生の宿命か-

 空は高く、また夕焼けが秋の様相を呈してきた9月中旬。私の目の前には課題が山積みであります。「やりたいこと」ばかり追求してきた結果なのか。「やらねばならぬこと」は二の次にして、計画を立てても計画表は見て見ぬふり、迫り来る期限に焦燥感を覚えつつもなかなか上がらぬ重い腰、皆様もそんな経験はないでしょうか。例年の如く私は今年も同じことを繰り返してしまったわけです。これから約一週間が思い遣られます。

 さて、ここでふと思うのです。なぜ私たちは毎年のように同じような状況に陥ってしまうのかと。何も考えずに過しているとでも言うのでしょうか。はて、そうは思えないのです。なぜ課題山積の状況に陥ってしまうのか、以下で考えてみることにします。
では、まず、それぞれをやりたいこととやらねばならぬことをやって得られる満足度を比較してみます。すると、おそらく①の様になると考えられます。

【やりたいことをやって得られる満足】≧【やらねばならぬことをやって得られる満足】―①

 ①から明らかなように、余程の変わり者でない限りやりたいことを優先してやらねばならぬことが後回しになると考えられます。と、書いてみたもののこれは本当でしょうか。このやらねばならぬ課題には期限があることを考えてみて下さい。すると、課題は期限内に必ずこなされることになるのでいつ何時やろうとも量は変わらず満足度は変わらないのではないでしょうか、つまり、①から直接「やりたいことを優先する」とは言えません。ではなぜやらねばならぬ課題は後回しにされるのか。ここで、前編にあった一文「この厄介者たちを片付けてこそ心から夏休みを満喫できる」を思い出して下さい。変な所に伏線は張られているもので、何気なく書いたこの一文、疑ってみる価値がありそうです。どういう事かと言うと、やらねばならぬことがある状態とない状態ではどちらがやりたいことをできるのかです。もし「やらねばならぬことがある状態の方がやりたいことができる」―② と言うことが証明されれば、課題山積の状態が説明できるはずです。

 では②とはどういう状態でしょうか。私はこう考えました。まず、夏休みの初めに課題を終わらしてしまうA君と夏休みの終わりまで課題を終わらせないB君の2通りを考えます。A君は課題も終わったのでこれからやりたいことに時間を費やそうとしています。しかしながら、暇そうなA君を見た家族や友達はA君に頼み事をしてきます。「時間あるならやってよ」と。ここでA君はやらねばならぬことがない故に断る理由もなく、頼まれ事をこなすことになります。一方B君はというとA君とは異なり、いくら頼まれても「やらねばならぬことがあるから無理だよ」と言い張り引き受けません。さて、A君とB君、どちらの方が夏休みを満喫できているでしょうか。やらねばならぬことの量は変わらないので、やりたいことをできる量の多い課題を後に残す方が夏休みを満喫できているのは一目瞭然です。従って、秋学期直前まで課題を残している大学生たちは実は無計画に過してきた結果ではなく、むしろ合理的に考えた結果として課題が山積しているのです。


++ おわりに

 そうはいっても、やはり夏休みの最後に課題を抱えているのは嫌なものです。これは所詮私の屁理屈(課題山積の言い訳)でしかなく、結局は計画的に生活した方が気持ちよく新学期を迎えられるのかも知れないですね。
[PR]
by jokerish2 | 2005-09-14 00:21 | 新聞記事

新聞 『こばのへりくつ -電車の中にて-』

++ はじめに

 当コーナー「こばのへりくつ」では日々の生活で気づいたことについて考えたことを書いていきたいと考えております。初回である今回はテーマを「電車の中にて」としまして、通勤電車に揺られながら考えたことと、高校生の話を盗み聞きして考えたことを書きました。どうぞご覧下さい。


++ 前編 午前8時の東西線 -社会の奴隷たち-

 先日、学校に向かう時の話。わたくしは通学のために東京メトロ東西線を利用しています。千葉県民と東京都東部の準千葉県民を乗せて走り、通勤ラッシュ時の混雑具合は総武線に引けをとらないことで知られる路線であります。以上の形容だけでは、東西線の混雑感が伝わらないと思います故、もう少し具体的に説明致します。最も混雑を極める平日午前8時の東西線東陽町-茅場町の状況を説明したいと思います。以下の点が東西線で起こる現象です。

① 初めてこの時間帯に乗車を試みる方は乗車できないと思われます。
② かばんを肩にかけたまま乗車した際、中に入っているおにぎり等は確実に潰れます。
③ 扉側に乗り込んだ方は体の一部又は手持ちの物が扉に挟まれます。
④ 乗り込めた方の中で体重の軽い方は気付いた時には足が宙に浮いています。
⑤ 電車のブレーキ時には確実に人間の雪崩を体感できます。
⑥ 時には座席に座っている人の上に座っていることもあります。

 これは東西線現象のごく一部、わたくしが体験したものに過ぎません。しかしながら、東西線の恐ろしさは伝わったのではないかと思います。伝わったと仮定しまして次に進ませていただきます。

 こんなに恐ろしい東西線に何気なく乗車しているわたくしですが、ふと客観的に東西線を眺めてみると不思議な世界が目の前に広がっていることに気が付きました。東西線に乗車している人々は毎日定刻にスーツという名の作業着で身を固め、すし詰め状態の電車に乗る、そして、会社という工場でサービス残業を含む12時間以上の労働をする。なぜでしょうか。なぜここまでしてこの時間の東西線に乗るのでしょうか。このような現状を眺めていると、ひまらや氏がネクタイを「社会の奴隷の証」と形容したように、人々が社会の奴隷に見えてしまいます。いや、奴隷に見えるのではなく奴隷なのでしょう。奴隷だからこそ東西線に乗るのです。何せ奴隷でいれば衣食住は事足りるのですから。

 一段上の視点から書いてみたものの、私も東西線に乗っているわけです。偉そうなことは言えません。後編ではその東西線の中で気になった事について書いていきたいと思います。


++ 後編 高校生が語る取り付け騒ぎ

 まず、車内で近くに立っていた高校生の会話を盗み聞きして考えた話です。どうやら政治経済か歴史の授業で習った取り付け騒ぎについて話しているようです。会話の中身を彼らの言葉を使って手短に言いますと、「銀行の取り付け騒ぎがおこる原因は銀行が破綻するかもしれないという噂が広まって、その噂を聞いた人たちが一斉に預金を引き出しに行くから」らしいです。日本語として変なところもありますが、つまり、取り付け騒ぎという現象は破綻するかもしれないという不確実な噂が引き起こすようです。

 本当にそうなのでしょうか。間違ってはいないとは思います。ただ、近頃、合理的個人というものを少しだけでも学んだ人間の目を通すと異なった世界が見えてきます。

 まず、A銀行が破綻するかもしれないという噂を聞いたときA銀行に口座を持っているあなたはどのような行動をとるでしょうか。高校生が言っていたように一目散に預金を引き出しに行きますか?行くと答えたあなたはなぜそれを選んだか考えてみてください。おそらく無意識のうちに合理的に判断しているのではないでしょうか。不等式で表すと以下のようになります。

【噂が本当か確かめるコスト】>【預金を引き出しに行くコスト】

 つまり、取り付け騒ぎは噂が噂を呼び起こる現象ではなく、噂が本当か確かめるくらいなら預金を引き出したほうが楽だから起こる現象なのです。

 そして高校生はこのように続けていました。「だから、噂が広まったらどうしようもないらしいよ」と。わたくしの考え方が正しいとすれば、噂が本当か確かめるコストが低ければ取り付け騒ぎは起きないはずです。従って銀行には企業情報を大公開していただきたいものです。そうすれば、噂を確かめるコストはかなり削減され、取り付け騒ぎは起きないのではないでしょうか。自らの首を絞めないためにも企業情報公開をお勧めいたします。


++おわりに

 わたくしはゼミで勉強して得た考え方をこのように使っております。まだまだ身近なことにしか応用できていませんが、今後は公の問題に、そして世界に羽ばたいていくことを目論んでいる次第であります。今後ともわたくしのコーナー「こばのへりくつ」をどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by jokerish2 | 2005-06-19 21:38 | 新聞記事