<   2005年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

エッセイ 『マルサスとリカードの陰鬱な予感』

 エッセイ NO.9 『マルサスとリカードの陰鬱な予感』
 R.L.ハイルブローナー 著

 アダム・スミスの調和的世界と言う楽観的なヴィジョンが提示されてから数十年、早くも彼とは180度異なる思想、つまり時代の視点を楽観論から悲観論へと変えてしまう二人の人物が登場する。その人物こそマルサスとリカードである。

 マルサスは著書『人口論』の中で「人の数は幾何級数的に増えるのに対して、耕作可能な土地の量は算術級数的に増えるのみである」と、続けて「その結果、大飢饉が背後からそっとしのびより、世界の食糧水準と人口を同じにしてしまう」と述べている。それ故彼は人口拡大を助長する貧民救済の撤廃を力説するなど、世間に「道徳的抑制」を迫るのだが、それが不道徳とみなされ30年間も人々に罵られることになる。

 一方、リカードは「誰もが一緒に進歩のエスカレーターを昇っていくという社会理論の終焉」を予見し、現状の社会から利益を得ることができる唯一の存在である地主を否定している。中でも国内の既得権益を擁護するために制定された穀物法に対して「地主の利益はあらゆる他の階級の利益に反している」と、より一層痛烈な批判を浴びせた。また彼は人々に罵倒され続けたマルサスとは異なり社会的地位と尊敬を手に入れることができた人物でもある。

 以上のように彼らは社会を悲観的に見ていたという点では同じであったが、その他の点では相反する人物であった。現実世界を観察し地主擁護を主張する学者のマルサス、理論家肌で地主を批判する実業家のリカード、この形容を見るだけでも主張、立場、思考が違うことがよくわかる。それでいて、この二人が親友と言うから尚興味を引く。彼らが後世まで名を残せたのは、互いに違った視点から議論を交わせる親友がいたからではないだろうか。切磋琢磨できる親友がいること、それ以上に自らを成長させる外部要因はないだろうと思う。
[PR]
by jokerish2 | 2005-05-29 21:03 | エッセイ(課題)

本 『バカにみえる日本語』

 本 NO.3  『バカにみえる日本語』
 誤字等日本語研究会 著

 「こんばんわ」この言葉を見てどう思うだろうか。もちろん正しくは「こんばんは」であるが、最近では小学校の先生でも前者の表記が正しいと教える困り者がいるそうだ。

 本書ではひたすらこのような誤字や誤用を紹介し、それについて解説をしているのだが、その中で肝に銘じておきたいフレーズがあったのでここで紹介しようと思う。それは「どんなに論理的に書かれた論文であっても誤字や誤用が一つあっただけで信頼を失ってしまうものだ」というフレーズだ。確かに「危険はいろいろな場所に遍在している」などと書いたら、「奇跡的なミラクルですねぇ」と言っているミスターと大差がなく、たった一つの言葉で読者にバカだと思われてしまう。そうならないためにも言葉の使い方には細心の注意を払わなければならないと再認識した。

 これから様々な文章を書くことになる私にとって、この再認識は意味のあることだと思う。本書にも書かれているように、正しい日本語を身につける一番の近道は辞書を引く少しの手間を惜しまず、頻繁に辞書を引くことだそうだ。今まで犬猿の仲であった辞書と友好関係を築く時がきた、と心を改めてこれから努力していこうと思う。
[PR]
by jokerish2 | 2005-05-29 00:34 | 本:その他

歴史 『勝者の混迷(上)』

 歴史 NO.8  『勝者の混迷(上)』  塩野 七生 著

 前巻の最後に反旗を翻してきたマケドニア、カルタゴを消滅させたローマだったが、本巻では内部に手を焼くことになる。若くして護民官となったティベリウス・グラックスがその改革を断行しようとするが元老院によって阻まれ、またその弟のガイウス・グラックスも辛酸を舐めることとなる。そして、その後この役目を担ったのが先祖の名も定かではないガイウス・マリウスであった。

 本巻で最も印象的だったのが、高貴な生まれと裕福な環境に恵まれていたグラックス兄弟が命を犠牲にしてまで高貴でもなく裕福でもない人の権利を守ろうとした姿だった。彼らは大人しく出世の階段を登って行けば執政官、後には元老院の中心になれる家柄であったにも関わらず、老朽化したローマのシステムに危機感を感じ、改革を断行しようとしたのである。文字通り護民官としての役割を果たそうとした彼らには感服であった。また、彼らは改革を急ぎすぎたものの、後の指導者たちに改革の道標を提示した功績は大きいと言える。ハンニバルの言う、「先に成長してしまった肉体を維持するのに適した内臓の成長」をグラックス兄弟は始めたのである。

 彼らのエネルギーの源泉は何であったか。おそらくそれはローマの存続、発展を切望する精神であったのだろう。私はローマの将来を見据えて信念を貫いてゆく彼らの姿に敬意を表さずにはいられない。指導者たるものこうあって欲しいものであると我々の指導者を見てそう思ってしまう。
[PR]
by jokerish2 | 2005-05-23 13:16 | 本:歴史・ノンフィクション

映画 『トロイ』

 映画 NO.3  『トロイ』

 紀元前12世紀に起こったとされるトロイ戦争を題材にした作品である。さすがハリウッドと言わんばかりの壮大な映像もさることながら、内容もとても興味深いものであった。

 中でも人間の欲望に対する執着に焦点を絞って作品を眺めるとおもしろいことに気づく。作中の人物はそれぞれ野望を持っているのだが、それが権力であり、栄光、名誉、時には愛であったりする。アキレスに限っては永遠の名声を手に入れるために戦い続けた。富や権力、地位などには目もくれず、ただただ後世まで語り継がれる名を歴史に刻むことだけ目的に戦っていたのだ。他にもトロイの王子やスパルタの王のアキレスとは異なった野望を見ていると、人間が最も価値を置くものが何であるのか、また私は何を価値の源泉としているのかについて苦悩してしまう。

 あえて言うならば、私は苦労してより高い壁を乗り越えることに価値を見出しているのだと思う。過去の偉人たちのように権力や名誉などと言った大きな野望ではないのは確かである。まあ、私にとっては大きなことなのだが。
[PR]
by jokerish2 | 2005-05-23 13:14 | 映画

エッセイ 『アダム・スミスのすばらしい世界』

 NO.8  『アダム・スミスのすばらしい世界』
 R.L.ハイルブローナー 著

 18世紀のイギリス、そこは残酷かつでたらめな無秩序な世界だった。その中から偉大な市場の運動法則を見出した人物がいる。そう、彼の名は『国富論』の著者であり「見えざる手」で知られるアダム・スミスである。

 彼は他の偉人たちと同様に奇行が大変多かったようだが、それに劣らず社会に対する洞察力もやはり素晴しいものを持っていた。その洞察力の凄まじさを窺えるのが著書の『国富論』であろう。18世紀の状況が手に取るようにわかるこの本の中で、彼は市場メカニズムについて一層深い考察を加えている。

 社会を結合させるメカニズム、つまり、万人が慌ただしく私利を追求している社会がどうして存続可能なのかということに彼は興味を持っていた。こうした興味から導き出された答えが「見えざる手」であり、これによって私利の追求と競争が社会的調和を導くという一見矛盾しそうな結果を説いたのだ。個々人が合理的に行動した結果、競争が生じ社会余剰が最大化する状態に収まる。そして、その機能を十分に発揮させるためにも完全に自由な制度を整備する必要がある。今となっては、このような考え方は経済学を少しでも学んでいれば当然のように聞こえるかもしれない。しかしながら、当時を想像して考えてみると彼の洞察力はやはり驚嘆に値するものである。

 彼は自らの生きる時代を百科全書的な視野と知識を駆使して正確に分析し描写した。200年以上も後の現代でさえ彼の考えた市場メカニズムが経済学の基礎となっているのだ。これ以上に彼の鋭い分析を証明するものは無いであろう。

+ 追記 +
 新しい視点で世の中を描写する人間は往々にして誤解されることが多い。彼の場合、『国富論』における新興企業家たち解釈が彼の主意とは異なったニュアンスで捉えられてしまった。そのため、彼が否定的に見ている産業家の行動の理論的根拠として利用されるという皮肉に直面することになる。これはマルクスにも当てはめられるのだが、このようなことは歴史的にままあることなのだろうか。今後注意して見ていきたい現象である。
[PR]
by jokerish2 | 2005-05-22 23:59 | エッセイ(課題)

エッセイ 『マルクスの描き出した冷酷な体制』

 エッセイ NO.7 『マルクスの描き出した冷酷な体制』
 R.L.ハイルブローナー 著

 「マルクスは現実の社会主義の建設者ではなかった」この一文はカール・マルクスという人物を語る上で非常に重要なものである。世間一般に認識されているマルクスは社会主義の立役者でありそれを過大に主張した急進的かつ過激な学者というものであろう。私もそのように認識していた。しかしながら本章を読み進めると、一般的なマルクス像は虚像であり、彼の思想を全くと言っていいほど表現できていないことに気づいた。

 では、彼は社会主義者たちのバイブルとなった『資本論』の中で何を主張しようとしたのだろうか。それは「共産主義の創造」ではなく「資本主義の崩壊」であった。資本主義の欠陥を緻密な論理を組み立てて指摘し、その行く末に待ち構えているものは崩壊以外の何物でもないことを主張していたのだ。つまり、社会システムの理想が共産主義であると主張していたのではなく、資本主義の代替システムとして共産主義思想を描き出していたのだ。

 しかし、彼の冷徹な分析は論理的で完璧であるように見えるが、見逃してはならないところもある。それは彼の資本主義に対する否定的な姿勢である。彼は資本主義システムの中で苦しむ現実の世界を目の当たりにしていた。そのため、彼は資本主義の欠陥を説明するために現実を捉えきれていない理論的に完璧なモデルを用いてしまったのだろう。従って、完璧な資本主義モデルでは彼の言うように崩壊は不可避であったかもしれないが、実現することはなかったのだ。

 以上からわかるように、彼は過激な革命家ではなかった。むしろ資本主義の理論上の欠陥を指摘し、より良い社会システムを提案した冷静な経済学者であったと言える。ただ、時代が時代だったために、彼の思想は誤認され過激な社会主義の立役者にまでされてしまったのだ。全く不運な人物である。

 彼の思想を読み解くことが共産主義の理解よりも、資本主義の理解につながるとは世間の考えと比べ逆説的であるのがおもしろい。
[PR]
by jokerish2 | 2005-05-15 12:51 | エッセイ(課題)

エッセイ 『創造の方法学』

 エッセイ NO.6  『創造の方法学』  高根 正昭 著

 創造とは、本著によると「物事の原因と結果を把握し仮説を構築、そしてその仮説を理論にまで持っていく」ことである。つまり物事をしっかり「考える」ということだろう。例えば新しい情報を得た際に、それをそのまま自分の知識にしてしまうのではなく、まずは「なぜ」と問いかけてみることだ。これはよく言われていることであるが、そのような習慣が身についていない私にとってまさに言うは易し行うは難しである。

 アメリカと比べ日本には創造をする習慣がないと文中にある。明治以降、日本は海外から知識を取り入れ模倣するばかりで、新しい知識を自ら生産することなく成長してきた。「なぜ」と問うことなく過してきた結果、ウェーバーについての知識は豊富だがその理論を使って新しい観察をするわけでもないウェーバーの専門家や、既存の考え方を継ぎはいで作った論文を書く学生が多く存在してしまったのだろう。正しく今までの私もその一人なのである。

 しかしながら、上述の日本人に陥りがちな模倣体質は訓練によって抜け出せるはずだと信じている。手本の一人が著者であるし、周囲にも少なからずいる。そして今、私自身が身につけようとしているのは他ならぬこの考える力なのだ。

 ここまでを振り返って見ると、現在学んでいる経済学や計量経済学(統計学)は筆者の言う創造をするために非常に重要であるということに気づく。特に経済学は、因果関係から仮説を構築してシンプルな理論を創り出しているゆえに筆者の言う創造の方法と酷似している。と同時にその理論は仮説の延長でしかなく、より信頼の置ける仮説にとって変わられる可能性を孕んでいる側面を見ても経済学と創造の類似点を見て取れる。

 今後、私は創造しなければならない場に幾度となく直面するはずである。最初からうまくいくはずはないのはわかっている。しかし、「自分で考える」と心がけてひとつひとつをこなしていくことで着実に成長していきたい。
[PR]
by jokerish2 | 2005-05-12 10:54 | エッセイ(課題)

エッセイ 『加藤紘一氏の講演を聞いて』

 エッセイ NO.5  『加藤紘一氏の講演を聞いて』

 加藤紘一、堂々とした姿勢だ。しかし、横柄な印象は無い。好感は持てないがその逆でもないといった感じだろうか。また、ひとつひとつの話は非常にわかり易いが、現実を描写しているだけで味気無く、全体としては非常に回りくどく感じた。もちろん参考にすべき内容の話も中にはあったのだが、今回は話の内容よりも彼が話しの最後に学生に質問したことについて考えたいと思う。

 日本、この国は明治維新後、西洋流の「富国強兵」「殖産興業」を目標に中央集権国家として政府が舵取りを行ってきた。戦争という一時の挫折はあったものの、戦後は世界でも類を見ないほどの経済成長を成し遂げ、世界最大の経済大国の一つにまで成長した。このように頂点にまで登りつめた日本人だが、海外の人から見ると幸せな顔をしていない人が多く映ると言う。

 それはなぜか。私はこう考える。富の多さが幸せの大きさではない。と同時に生活水準の高さも幸せの大きさに比例するわけではない。このことは経済成長を目指し奮闘している国の人間から見ると信じられないはずだ。

 では何が幸せをもたらすのか。それは人によって異なり一般化することは不可能である。もちろん富を求める人もいる、また富以上に余暇を求める人もいる、その他も然りである。しかしながら、政府主導の経済成長の名残だろうか、日本において「富=幸せ」という固定観念があるように感じる。この考えが自身の本当に欲することを犠牲にしてまで働く人々を生み出し、富があっても幸せそうな顔に見えない日本人が多い所以ではないだろうか。

 『福翁自伝』やその他の本にもあったように、ここでも今まで当然と考えていたことを疑うことが重要になってくる。「指導者たちと自分を同格に置いて考える」という加藤紘一の言葉も遠からず同じ意味を含んでいるようだ。鵜呑みにしないこと、自分の頭で考えること、シンプルなことが大切であると念を押された講演であった。
[PR]
by jokerish2 | 2005-05-12 10:53 | エッセイ(課題)

エッセイ 『ソースタイン・ヴェブレンが描く野蛮な世界』

 エッセイ NO.4  『ソースタイン・ヴェブレンが描く野蛮な世界』
 R.L.ハイルブローナー 著 

 19世紀のアメリカ、まさにそこは新世界であった。資力だけでは到達できない社会階級が存在するヨーロッパの旧世界とは異なり、この国では富こそが上流階級に入るための一番の近道であった。そのため、たとえ暴力的な手段によってその富が作り上げられたとしても、それが上流階級へのパスポートであることに変わりなかった。このような現状を経済学者たちはヨーロッパの古典派経済学に当てはめて考えようとしたが、新しく出現した世界を全くと言っていいほど捉えていなかった。時代は新しい考え方を必要としていた。現実と距離を置き、客観的にアメリカ経済を見つめることができる人物を。そこで登場したのがソースタイン・ブンデ・ヴェブレンであった。

 ヴェブレン、一言で言えば変わり者である。本文中にあるように「同時代の人々にはごく自然に見えた人間の行いが、彼にとっては人類学者の目に映る未開社会の儀式のような、魅力的かつ異国風で奇妙な行為に映った。」のだから。普通の人間ならば躊躇うことなく常識として蓄積される人間の行いを奇妙に感じてしまうその感覚、これこそが彼に備わった才能であろう。

 さらに、彼は「どうして事態がうまく収拾していくのか」ではなく「そもそも現状がそうなっているのはなぜか」を突き詰めて考えることによって次々と物事の本質を見極めていった。時に彼の主張は「実業家は制度の破壊者である」や「経済行動の動機は心の奥の不合理性に基づく」など常識と真逆なものであり、常識に捉われていない様子を多々うかがうことができる。

 彼の人生を眺めていると、的確な物言いには精神的な客観性が必要であることを感じずにはいられない。常識に捉われないということは、容易なことではないが、常に思考を対象の外側に置いて物事を客観的に見ることがその第一歩であることを彼の人生が物語っているようだ。
[PR]
by jokerish2 | 2005-05-12 10:53 | エッセイ(課題)

エッセイ 『J.M.ケインズが打ち出した異論』

 エッセイ NO.3  『J.M.ケインズが打ち出した異論』 
 R.L.ハイルブローナー 著

 ジョン・メイナード・ケインズ。言わずと知れた経済学者である。私が本章を読む前に持っていたケインズのイメージは「経済学一辺倒の堅物」という根拠の無い偏見の塊であった。しかしながら、本章の読み進めるに従い、私の予想とは180度異なるケインズがそこにはいたのである。

 ケインズはまさに天才・鬼才であったと記されている。多少の誇大表現があるとは思うが、それは私の想像を絶するものであった。幼少の頃、5歳にも満たない頃より利子の経済的意味を考え、6歳の時には脳の働きを考えていたのだ。そして彼は成長するに従い頭角を現し、大学ではマーシャルに認められ、またブルームズベリーの母体に所属するなど経済学や芸術といった分野でその才能を遺憾無く発揮し、その後大学を出てからは文官としての仕事をこなしつつ経済学の研究を行い、一方でビジネスとして劇場を作ったとか思えば、また一方で保険会社の社長になるなど幅広く活躍している。

 また、彼は数多くの書物も残している。ヴェルサイユ条約の批判として書かれた『平和の経済的帰結』や経済の循環を説いた『貨幣論』、貨幣論の失敗から生まれた『一般理論』などがあるが、それらは時代の要請に応えるかの如く絶妙なタイミングで執筆されたのだった。

 ここで私はふと思った、ケインズの考えや行動が福澤諭吉と酷似していると。特にケインズの大学時代の生活は福澤諭吉の適塾での生活、またより良い資本主義経済を創造しようと取り組んだケインズの執筆は文明開化を目指し執筆を続けた福澤諭吉とリンクしているように見て取れる。次の時代へと牽引した両者の原動力は理想を持っていたということであろう。物事をいくら見ぬけたとしてもそれが無ければ何の役にも立たないのではと私は考えされられた。世の役に立たない頭ばかりの堅物になってはならないと、堅物だと思っていたケインズに教えられてしまったようだ。

 最後に、それまでの常識に捉われず本質を突いたケインズの理論にも感服である、しかしそれ以上に、その根底にあるより良い社会を作りたいと思う彼の熱意に私は心を打たれてしまった。
[PR]
by jokerish2 | 2005-05-12 10:52 | エッセイ(課題)